こんにちは。
本日3月25日は大塩平八郎の乱があった日です。

1833年におきた天保の大飢饉をきっかけに
飢え苦しむ人が増大した江戸末期に起きた出来事です。
餓死する人が数多く出ているのにも関わらず、
幕府は庶民への救済策を講じませんでした。
その時に行動を起こしたのが大塩平八郎と言われています。

私たちは今近くにスーパーやコンビニ等が数多くあります。
世界にはまだまだ飢え苦しんでいる方が少なくありません。
ただ食べ物を食べるにもお金が必要なのが事実です。
身近に食べ物があることに感謝しなくてはいけないなと改めて思いました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP